ほっかいどう市民防災講座

 道内各地で防災教育を推進する個人・団体等で構成する「ほっかいどう防災教育協働ネットワーク(事務局:道危機対策課)」主催により、平成29年度、初めてとなる講座「ほっかいどう市民防災講座〜天気予報の賢い・楽しい活用法〜」を下記のとおり開催します。

 この講座は「道民カレッジ連携講座」として実施するもので、今回を含め、年度内に全3回実施を予定しており、第1回は、(一社)日本気象予報士会北海道支部長の森山知洋氏に、天気の基本や気象情報についてわかりやすく解説していただきます。

 

第3回講座 ゲームと防災グッズづくりで防災知識を身に付けよう!

 新春の遊びといえば「かるた」。でも、冬休みは遊んでばかりもいられません。もしかしたら、自由研究に頭を悩ませているかも…。そんな親子に! 今回の市民防災講座では、気象予報士の加藤眞奈美氏と一緒に、防災グッズづくりと、北海Do防災かるたを行います。 自由研究にも使える防災グッズをつくり、かるたで思いっきり遊びながら、楽しく防災知識を身につけましょう!

 ■と き:2018年1月9日(火) 13:30~15:30
 ■ところ:道庁赤れんが2階 2号会議室(札幌市中央区北3条西6丁目)
 ■内 容:・一緒に防災グッズを作ってみよう
       ・かるたで防災知識を身に付けてみよう
 ■申込方法:電話・メール・FAXにて募集しています。 ※ 応募締切:1月5日(金)まで
 ■講 師:加藤 眞奈美氏 (フリーキャスター・気象予報士)
     防災士/北海道防災教育アドバイザー
 上川郡鷹栖町出身。米農家の娘として育つ。1999年日本気象協会北海道支社 入社。テレビ・ラジオ・新聞など道内メディアで気象解説を担当し、農業・漁業・酪農といった主に一次産業の方々に有意義な気象情報を提供。近年は、開発建設部など国の機関や地方自治体のほか、JR北海道など企業等に情報を提供する予測業務にも携わる。現在は、フリーキャスターとして気象講演会の講師やイベント等の司会に従事。
(横顔)
 ● 趣味・特技:吹奏楽(トロンボーン)、合気道(初段)、司会
 ● 好きな飲み物:ビール
 ● 好きな言葉: 「雑草魂」、「親切という名のおせっかいそっとしておく思いやり」…相田みつを
 ● 言われると弱い言葉:「加藤、おまえならできる」 

【終了しました!!】 第1回講座 天気予報の賢い・楽しい活用法

  「史上初の台風3個上陸」・「観測史上1位の大雨」・「見通しのきかない猛吹雪」など 近年、極端すぎる気象現象が多くなっています。身近な天気の情報だからこそ、まさかの事態に備えキチンと読み解く知識が必要です。お天気キャスターの森山知洋氏と、『天気を味方につけてより良い生活を送る』ための豆知識や情報活用術を楽しく学びましょう!

 ■と き 平成29年11月10日(金) 13:30~15:30
 ■ところ 道庁赤れんが2階 2号会議室
 ■テーマ 天気予報の賢い・楽しい活用法
 ■内 容 ・北海道の天気の基本や見方を楽しく学ぼう!
      ・まさかを想定し、気象情報を上手に使おう!
 ■講 師 森山 知洋氏 (一社)日本気象予報士会北海道支部長
       気象予報士/気象キャスター/防災士/北海道防災教育アドバイザー
 1978年生まれ、札幌市出身。2002年に気象予報士に合格後、東京の気象予報会社にて、電力会社や港湾工事、農協向けなど日本全国の幅広い業種向けのコンサルティング予報を担当し、数多くの気象コンテンツの開発にも携わる。
2011年からはHBCウェザーセンターにて、気象キャスターとしてラジオやテレビの天気予報コーナーを担当。2016年からは(一社)日本気象予報士会の北海道支部長としても、気象関係の講演や防災イベントなど幅広く活動し、市民活動団体「お天気+プラス」の代表としても様々な情報を発信している。
 (略歴)
 2002年  気象予報士に合格
 2003年~ (株)お天気.comにて予報業務に従事
 2011年~ HBCウェザーセンターにて気象キャスター(現職)
 2016年~ (一社)日本気象予報士会 北海道支部長就任
        市民活動団体「お天気+プラス」設立・代表就任

【終了しました!!】 第2回講座 まさか!その時子どもを守るために

 台風や地震などの「まさか」に備えて、日頃から、どのような備えをすればよいのか・・・特に小さな子どもを持つご家庭では、わからないことも多いと思います。災害時は、事前の準備、命を守る大きな分かれ道となることも多く、日頃から災害に対して意識することが必要です。防災教育の専門家である、北海道教育大学札幌校教授の佐々木貴子氏と一緒に、日常生活の延長からはじめる災害への備えについて考えてみましょう。

 ■と き 平成29年11月27日(月) 13:30~16:30
 ■ところ 道庁赤れんが2階 2号会議室
 ■テーマ まさか!その時子どもを守るために
 ■内 容 ・住んでいる地域で起こる災害を想像してみよう。
       ・生活の中で備えるものを整理してみよう。
 ■講 師 佐々木 貴子氏 北海道教育大学札幌校教授
       北海道防災会議委員
       札幌管区気象台学校防災教育研修会委員
       文部科学省中央教育審議会臨時委員(防災教育)
       北海道防災教育アドバイザー

 (略歴)
 北海道釧路市生まれ。平成12年4月から北海道教育大学函館校助教授、平成18年4月同大学札幌校准教授、平成24年4月から同大学教授。平成28年4月から北海道教育大学附属札幌中学校校長を兼務する。阪神・淡路大震災を機に、防災の視点から学校教育のあり方を見直す必要性を感じ「防災の視点を取り入れた新たな家庭科・住生活教育のあり方に関する研究」に着手。平成10年から学校教育に災害図上訓練(DIG:ディグ)の手法を取り入れ、これからの共生社会における防災・減災の視点からの学校・地域・家庭の連携と、子どもたちに自助・共助、さらには分かち合いの心を育てていくことを目的に活動をしている。平成19年度防災まちづくり大賞において「子ども・地域と防災(防犯)教育プロジェクト」が「消防庁長官賞」を受賞。

● 申し込み・連絡先

 申し込みは、電話・メール・FAXにて募集しています。

 応募先 ほっかいどう防災教育協働ネットワーク(事務局:北海道総務部危機対策課) 
 担当:望月・西谷内 (にしやうち) 
  電 話:011-204-5900(直通) FAX:011-231-4314
  E-mail:somu.bosai22@pref.hokkaido.lg.jp

このページの先頭へ
ほっかいどうの防災教育トップ
ほっかいどう防災教育協働ネットワーク

全国の防災教育資料から、目的に合わせて資料をお探しいただけます。

教材ライブラリー 取組事例

出前講座・講師派遣情報

出前講座・講師派遣情報

助成金情報

助成金情報

国や道による防災教育への取組

国や道による防災教育への取組

リンク集

リンク集
今日から君も防災リーダー!中学生、高校生のみなさん

ピックアップ情報

準備中
準備中
キッズページ 高齢者の方のページ