1日防災学校~児童生徒に対する防災教育の取組~ | ほっかいどうの防災教育

1日防災学校~児童生徒に対する防災教育の取組~

1日防災学校とは

学校の授業の中に防災の要素を取り入れ、児童生徒等が防災について考える1日

平成29年度 道防災総合訓練

授業の中に防災の要素を取り入れ(北郷小学校)

1学年から6学年にわたり、1時間目から5時間目までのどこかに、授業の中に防災の要素を取り入れ、児童生徒が防災について考える一日 「1日防災学校」の実施

 

]授業展開例

 新聞紙となかよし(2年図工)

 新聞紙の特徴を生かし、スリッパづくりを行う。身の回りのもので、災害時に役立つものを学ぶ。

 工夫しようおいしい食事(6年家庭)

 ハイゼックスを用いた蒸しパン、うどんの試食を通じ、日常時における食事と災害時における食事について考え、実際に試食することでその大切さを知る。

 

参加した先生方からの感想

・「1日防災学校」は素晴らしい取組なので、全道展開してほしい。
・ 教職員、子供たちともに、貴重な経験ができた。一方で、学校側、道庁
  側にとって、もう少し負担が少なくなるようにすると良い。

蓄積された防災教育コンテンツの活用

 

遊び・楽しみながら取組

地域や学校と一緒に取組

災害に強い地域を考える

北海Do防災かるた
新聞紙スリッパ制作

避難所運営ゲームHUG
北海道版(Doはぐ)
防災運動会

災害図上訓練(DIG)
地域探検マップ

 

災害を想定した訓練

職場体験やキャリア教育に関連

避難訓練、防災訓練(救急救護含む)
炊き出し訓練(北の災害食レシピ)
避難所運営訓練(宿泊含む)

防災関係機関の災害対応と出前講話
消防車等車両展示、試乗・放水体験
市町村主催の防災訓練参加

 

平成30年度「1日防災学校」モデル実践校の選定

実施期間

 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで 

実施市町村、校数

 14振興局30市町村(1振興局当たり2~3市町村程度)

実践指定市町村、学校の選定

 

防災 ×
連携
教育

○蓄積された
  防災教育コンテンツの活用
○防災訓練企画
○防災関係機関との調整

○既存教材の活用
○学習指導案の作成
○授業展開

 期待される効果

「生きる力」「想像力」を子供たちに育む

・学校や地域における防災教育をより一層充実し、1人1人が自然災害を正しく理解し、自らの的確な判断の下で、防災・減災行動をとれるようにしていく能力(生きる力)を育成。

・自然災害に対する行動は、地域、災害種別、地形、人口などによって異なることから、発生する事象を事前に見ようとする「想像力」、想定される災害イメージに対して、具体的な対策を考える「想像力」の育成が必要。

学校・地域・行政の連携による地域防災力の向上

 

学校 学習指導案の検討/児童への指導
地域 地域防災訓練との連携/自主防災組織/町内会との連携
防災関係機関等 災害対応紹介/出前講座
市町村 学校との調整/学校と合同防災訓練の企画
防災学校全体のプロデュース/地域防災マスターなどの講師紹介

 

このページの先頭へ
ほっかいどうの防災教育トップ
ほっかいどう防災教育協働ネットワーク

全国の防災教育資料から、目的に合わせて資料をお探しいただけます。

教材ライブラリー 取組事例

出前講座・講師派遣情報

出前講座・講師派遣情報

助成金情報

助成金情報

国や道による防災教育への取組

国や道による防災教育への取組

リンク集

リンク集
今日から君も防災リーダー!中学生、高校生のみなさん

ピックアップ情報

準備中
準備中
キッズページ 高齢者の方のページ