お知らせ

【避難所運営ゲーム北海道版(Do はぐ)ついに完成!貸出を開始しました】

2016年4月22日

 避難所運営ゲーム(HUG)北海道版が検討開始から約一年をかけ、ついに完成しました。愛称は、北海道の「Do」と、やってみよう!の「Do」をかけた「Doはぐ(ドゥはぐ)」です。
 Doはぐは、静岡県が開発したHUGに、北海道の積雪寒冷の厳しい気候面や東日本大震災の経験などの観点を加えることにより、道民の方々に避難所生活や避難所運営を自分事としてとらえ、地域の防災対策の課題をみつけやすくすることを目的に、静岡県の使用許諾を得て道が作成したものです。

 Doはぐセットは、ライトグリーンの手提げケースに、250枚の「カードが6組」、ゲームの進め方等が掲載された「取扱説明書」、講師説明用のパワーポイントデータなどが入った「CD」、さらにDoはぐの活用方法や主なカードの考え方、避難所や避難行動などの説明が記載された「解説書」が収納されています。1セットで40名程度の実施が可能です。
 Doはぐは4月18日より、道内に14ある振興局・総合振興局と道庁危機対策課から、希望者への貸出を開始しています。詳細につきましては、以下をご覧ください。

 Doはぐについて(チラシ)

 Doはぐ貸出要領

 Doはぐ貸出申込書

 ※ご不明点につきましては、道庁危機対策課防災グループ(011)204-5900 メールアドレスsomu.bosai22@pref.hokkaido.lg.jpまでご連絡ください。なお、FAX番号は(011)231-4314となります。

このページの先頭へ