お知らせ

【11/10開催】ほっかいどう市民防災講座〜天気予報の賢い・楽しい活用法〜

2017年10月10日

道内各地で防災教育を推進する個人・団体等で構成する「ほっかいどう防災教育協働ネットワーク(事務局:道危機対策課)」主催により、初めてとなる講座「ほっかいどう市民防災講座〜天気予報の賢い・楽しい活用法〜」を下記のとおり開催します。

この講座は「道民カレッジ連携講座」として実施するもので、今回を含め、年度内に全3回実施を予定しており、第1回は、(一社)日本気象予報士会北海道支部長の森山知洋氏に、天気の基本や気象情報についてわかりやすく解説していただきます。
 (第2回目は11月下旬、第3回目は翌年1月上旬を予定しております。)

「史上初の台風3個上陸」・「観測史上1位の大雨」・「見通しのきかない猛吹雪」など 近年、極端すぎる気象現象が多くなっています。身近な天気の情報だからこそ、まさかの事態に備えキチンと読み解く知識が必要です。お天気キャスターの森山知洋氏と、『天気を味方につけてより良い生活を送る』ための豆知識や情報活用術を楽しく学びましょう!

■と き 平成29年11月10日(金) 13:30~15:30
■ところ 道庁赤れんが2階 2号会議室
■テーマ 天気予報の賢い・楽しい活用法
■内 容 ・北海道の天気の基本や見方を楽しく学ぼう!
     ・まさかを想定し、気象情報を上手に使おう!
■講 師 森山 知洋氏 (一社)日本気象予報士会北海道支部長
      気象予報士/気象キャスター/防災士/北海道防災教育アドバイザー
1978年生まれ、札幌市出身。2002年に気象予報士に合格後、東京の気象予報会社にて、電力会社や港湾工事、農協向けなど日本全国の幅広い業種向けのコンサルティング予報を担当し、数多くの気象コンテンツの開発にも携わる。
2011年からはHBCウェザーセンターにて、気象キャスターとしてラジオやテレビの天気予報コーナーを担当。2016年からは(一社)日本気象予報士会の北海道支部長としても、気象関係の講演や防災イベントなど幅広く活動し、市民活動団体「お天気+プラス」の代表としても様々な情報を発信している。
(略歴)
2002年  気象予報士に合格
2003年~ (株)お天気.comにて予報業務に従事
2011年~ HBCウェザーセンターにて気象キャスター(現職)
2016年~ (一社)日本気象予報士会 北海道支部長就任
市民活動団体「お天気+プラス」設立・代表就任
■応 募 電話・メール・FAXにて募集しています。
■応募先 ほっかいどう防災教育協働ネットワーク(事務局:北海道総務部危機対策課) 
担当:望月・西谷内 (にしやうち) 
   電 話:011-204-5900(直通) FAX:011-231-4314
   E-mail:somu.bosai22@pref.hokkaido.lg.jp

 

このページの先頭へ