今日から君も防災リーダー!中学生、高校生のみなさん

ほっかいどうの防災教育トップへ
スタートに戻る

一酸化炭素中毒の危険をなくすため、車が立ち往生した際にはエンジンを切ることが大切です。車の中に留まるときに備えて、普段から防寒着や毛布などを積んでおきましょう。

防災教育テキスト(知識編)P37~P39参照

次の問題へ