自然災害と教訓 (災害年表ほっかいどうの防災教育トップへ自然災害と教訓検索へ

〈災害年表〉 【】 平成10年台風第5号
[1998年9月15日〈平成10年9月15日〉 –

9月15日から16日にかけて秋雨前線が北海道付近で停滞し、台風第5号が東日本を縦断、16日20時頃に釧路市付近に上陸した。台風は温帯低気圧に変わりながら17日朝にかけて道東から千島方面へと進んだ。 このため、15日から降り出した雨が16日は全道各地で強まり、台風の接近とともに風も強まって大荒れの天気となった。 16日の日降水量は広尾で346.0㎜、紋別で150.5㎜、札幌141.0㎜を観測し、いずれも9月1位の記録を更新(2017年現在も1位)した。 また、16日の最大瞬間風速は、函館で30.5m/s(NE)、稚内30.3m/s(NE)、根室30.0m/s(S)、紋別と網走でともに29.9m/s(どちらもNE)、岩見沢27.2m/s(N)など、広範囲で暴風が吹き荒れた。 この影響で死者2名、重傷者3名、軽傷者2名が出た。 家屋1,100棟に被害があった。 被害総額は約409億3689万円。

関連メディア

  • なし

関連資料

  • なし
このページの先頭へ