自然災害と教訓 (災害年表ほっかいどうの防災教育トップへ自然災害と教訓検索へ

〈災害年表〉 【】 急速に発達した低気圧の通過による暴風災害
[2010年3月20日〈平成22年3月20日〉 –

3月20日に日本海中部にあった発達中の低気圧が、夜には北海道の西海上に進み(中心気圧974hPa)、21日にはオホーツク海でさらに発達(中心気圧964hPa)した。
このため、北海道の各地で暴風が吹き荒れ、アメダスでは内陸を中心に18か所で日最大風速の記録を更新し、特に旭川では1888年の統計開始以来最も強い24.6メートルを観測した。
旭川市と留萌市では強風により3名が重傷を負ったほか、札幌市のほか室蘭市や鷹栖町でも風による転倒などで8名が軽傷を負った。
石狩浜沖合では停泊していたベトナム船籍の貨物船が座礁した。
このほか、JRの運休や航空機、フェリーの欠航、国道の通行止め、停電等が発生した。
住家被害は半壊2棟、一部損壊104棟。被害総額は4億9400万円

関連メディア

  • なし

関連資料

  • なし
このページの先頭へ