Doはぐマスター制度

 Doはぐマスター制度は、避難所運営ゲーム北海道版(以下「Doはぐ」という。)の普及を通じて、多くの道民が避難所運営を自分事として捉え、自らの備えや地域の防災対策の課題に気付くことにより、地域防災力の向上が図られるよう、Doはぐの知識を十分に得た人材の育成を目的としてスタートしました。 

平成30年度 Doはぐ講師養成研修

 平成30年度は、以下5地域において、Doはぐ講師養成研修を行います。申込を希望されるかたは、受講希望先の申込用紙をダウンロードして必要事項を記載し、FAXまたはメールにて申込みください。(日程が確定次第順次更新いたします。)

第1回 道央開催(札幌市)

日時:10月17日(金) 終了しました
場所:石狩振興局 5階 大会議室
   (札幌市中央区北3条西7丁目)

申込用紙

第2回 道南開催(函館市)

日時:11月1日(木) 終了しました
場所:渡島合同庁舎 西棟3階 講堂
   (函館市美原4丁目6-16)

申込用紙

第3回 道東開催(釧路市)

日時:11月3日(土) 終了しました
場所:釧路市生涯学習センター 8階
    802・803号室
   (釧路市幣舞町4丁目28番地)

申込用紙

第4回 オホーツク開催(北見市)

日時:11月6日(火) 終了しました
場所:北見市端野総合支所 2階 大会議室
   (北見市端野町二区471-1)

申込用紙

第5回 道北開催(旭川市)

日時:12月20日(木) 終了しました
場所:上川合同庁舎 3階講堂
   (旭川市永山6条19丁目1番1号)

申込用紙

 

 

1 Doはぐマスターの役割

 

平常時

災害時

学校・自主防災組織等が実施する

Doはぐ研修会等の講師

避難所での主体的で適切な

運営の実施 

2 Doはぐマスターの認定者名簿

(平成30年12月5日現在)

* 名簿は順次更新しています。 *  

空知管内(20名) 石狩管内(40名) 後志管内(21名) 
胆振管内(15名) 日高管内(36名) 渡島管内(10名)
檜山管内(8名) 上川管内(14名) 留萌管内(10名)
宗谷管内(9名) オホーツク管内(61名) 十勝管内(32名)
釧路管内(76名) 根室管内(12名)  合計(364名)

※ 名簿の空欄箇所は本人の希望により非公開としております。
※ 氏名を非公開としている方は、すべての項目を非公開としております。
※ 依頼にあたっては、(総合)振興局から紹介を行いますので、相談してください。

3 Doはぐ月間

  Doはぐの普及啓発を図るため、平成29年度より11月を「Doはぐ月間」と位置づけ、全道で様々な取り組みを行うこととしています。
 振興局主催の行事、各地域のDoはぐマスターや団体による活動等について取りまとめましたので、お知らせします。

  Doはぐ月間の取り組み状況(PDF)

4 Doはぐマスター制度取扱要領

 Doはぐマスター制度取扱要領(PDF)

このページの先頭へ
ほっかいどうの防災教育トップ
ほっかいどう防災教育協働ネットワーク

全国の防災教育資料から、目的に合わせて資料をお探しいただけます。

教材ライブラリー 取組事例

出前講座・講師派遣情報

出前講座・講師派遣情報

助成金情報

助成金情報

国や道による防災教育への取組

国や道による防災教育への取組

リンク集

リンク集
今日から君も防災リーダー!中学生、高校生のみなさん

ピックアップ情報

準備中
準備中
キッズページ 高齢者の方のページ